AppGraphy(アップグラフィー)

EPARKお薬手帳-お薬予約で待たずにかんたん管理

開発: FreeBit EPARK Health Care, Inc.

  • 価格:0JPY
  • 3.5
  • バージョン:2.31.1
  • 2015-03-04リリース
このエントリーをはてなブックマークに追加
メールで送る

アプリ詳細

● 紙のお薬手帳に変わる「電子お薬手帳」
● QRコード読み込みや写真保存でラクラク記帳
● 家族分のお薬手帳もスマホ1台でまとめて管理
● お薬データをサーバーで管理しているので、バックアップや機種変更、紛失しても安心
● 電波が届かない場所や、災害などの非常時でもお薬データを閲覧可能


薬局でお支払するお薬代には「薬剤服用歴管理指導料」という料金が含まれています。
実はこの料金、多くの薬局でお薬手帳を持っていると安くなり、持っていないと高くなる特徴があります。
紙では忘れがちなお薬手帳ですが、「EPARKお薬手帳」を持っていれば大丈夫です!



== EPAEKお薬手帳の主な機能 ==


◆最大10人まで家族を登録

お子様や両親など最大10人まで簡単管理。

「 家にお薬手帳が何冊もある、、、 」
「 紛失してしまった、、、 」
「 かばんがかさばってしまう、、、 」

といった悩みを不要に。

また、ご家族様が遠く離れた場所にお住いの場合でも、まとめてお薬を管理できるようになります。
いつものようにスマートフォンを持っているだけ。今までにないお手軽な管理を、ぜひ体感してください。

--------
◆お薬情報の登録

3つの選べる記録の仕方

1.お薬情報が記載されている調剤明細書を撮影して保存。
2.調剤明細書に印刷されているQRコードを読み込んで記録する。
3.お薬手帳の内容を自動的に更新して記録する。

※ 3は、EPARKと提携している薬局のうち、らくらく登録対応店舗でご利用可能です。


--------

◆薬の効能・副作用

「 このお薬の効能って何だっけ? 」
「 副作用はあったかしら? 」
「 食前と食後、どっちで飲むんだっけ? 」

アプリからすぐに用法や用量なども確認することができます。
お薬手帳に記録しているお薬なら、確認もワンタッチ。

※「くすりの適正使用協議会」提供データに基づいて作成

--------

◆お薬情報 クリップ機能

災害や電波届かない場所でも、クリップ機能でスマホに保存すれば
お薬情報が閲覧できます。いざという時にもお役立ちです。

--------
◆服用アラーム機能(リマインダー連携)

服用アラームの画面から日時を指定すると、iOSのリマインダー機能にアラームの設定が登録されます。
「朝、昼、夕、寝る前、自由」の5つの時間で指定した時刻が登録されます。(ON・OFFの切り替え可能)
指定した開始日、終了日の期間でリマインダーへ登録されます。(毎日同時刻の設定)

--------

◆カレンダー機能

お薬をもらった日から無くなる日まで色を付けて見やすく表示されます。
次回通院日を知らせるアラームを設定できます。

--------

◆調剤予約

薬局に事前にお薬を作ってもらう機能です。
処方せん受付をアプリから撮影して行います。
調剤予約では最大手となるEPARK加盟の全国約8,000薬局から利用したい薬局を選べます。

「 病院でも待ったのに、さらに薬局でも待たされる、、、」
「 病院前の薬局は、人が混んでで待ち時間が長い、、、」
「 子どもの薬局内での二次感染を防ぎたい、、、」

お薬(処方せん)を、予約をすれば
その後は薬局までの移動や、ショッピングなど自由に過ごして
お薬の準備ができたら薬局からメールでお知らせが届きます。

お子様や両親などご家族の調剤予約を代理で行うこともでき、
受取は処方せん有効期限内(4日間)なら、時間指定もできます。

薬局内で待つ時間を解消すれば、二次感染の予防につながり安心です。

--------
◆PUSH通知

EPARKからのお知らせをメール以外にアプリからお知らせします。
調剤予約時の受付、準備、完了などの通知をPUSH通知で受け取れます。

--------

◆導入リクエスト機能

「 いきつけの薬局でEPARKの調剤予約が使えない、、」
「 お薬情報の自動更新機能が使いたい、、、 」

ご要望頂いた薬局にEPARKスタッフがお声掛けさせて頂きます。


***********
EPARKお薬手帳は、皆さまのご意見を第一に考えて開発を進めるアプリです。
皆さまのご要望をもとに開発した通院記録(かかった病院名や医師名などを記録)や、
次回通院日を知らせるアラーム機能など、多数の機能を搭載しています。
ぜひご利用いただき、多くのご意見、ご要望をお待ちしております。

スクリーンショット

日本のランキング推移