AppGraphy(アップグラフィー)

テイルズ オブ アスタリア

開発: BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

  • 価格:0JPY
  • 4
  • バージョン:4.4.0
  • 2014-04-23リリース
このエントリーをはてなブックマークに追加
メールで送る

アプリ詳細

「テイルズ オブ」シリーズのRPGアプリが登場!
◇◆◇ありがとう200万人突破!◇◆◇

【重要】対応OSバージョンについて
「テイルズ オブ アスタリア」の対応OSバージョンは、ver2.12.0よりiOS6.0以降となります。
iOS6.0未満のバージョンの端末をご利用のお客様はアプリをご利用いただけなくなります。あらかじめご了承ください。

---
■シリーズ歴代キャラクターたちによって繰り広げられる完全新作ストーリー!

▽「追憶の楽園」編がいよいよスタート!
絶対的な安寧が約束された世界「エンテレスティア」
そこは国の隔たりのない平和な世界。

「天帝」を唯一の王と仰ぐその世界で、
人々は平和に暮らしていた。

---しかし、世界は徐々に綻びを見せ始めていく。
ある女性の存在をきっかけとして…

ベルベット、コレット、レイヴン、ジュード、カイル、ミクリオの6人の主人公が
全てを取り戻すために立ち上がる!

▽「星のカケラ」編
願いを叶えると云われる星のカケラ---。
星のカケラを巡る争いが絶えない世界で、"選ばれし"6人が導き出す答えとは。
6人の主人公(クレス、ロイド、ルーク、ユーリ、ソフィ、ミラ)を中心に、時に力を合わせ、時に対立し、互いの想いをぶつけ合う群像劇を描く。

▽「光と闇の救世主」編
記憶を失った少女「カノンノ」と共に世界の終わりへと立ち向かう、7人の主人公(アスベル、リッド、リタ、ルーク、ミラ、リオン)の"運命"の物語を描く。

▽「結晶の大地と導きの光」編
世界各地で起こり始めた、木々や草花が結晶に包まれるという不思議な「晶化現象」---。
晶化に蝕まれていく世界でそれぞれの"信念"と"正義"を胸に立ち上がった7人の主人公(スレイ、スタン、エリーゼ、ヴェイグ、ルドガー、ティア、ゼロス)の物語を描く。

■豪華声優陣の録り下ろしボイス!
壮大なストーリーを豪華声優陣の撮り下ろしボイスが彩る。
CV 佐藤 利奈、水樹 奈々、竹本 英史、代永 翼、福山 潤、逢坂 良太、
草尾 毅、小西 克幸、鈴木 千尋、鳥海 浩輔、花澤 香菜、沢城 みゆき、
櫻井 孝宏、石田 彰、森永 理科、緑川 光、伊藤 かな恵、田中 秀幸、小山 力也、
木村 良平、小野坂 昌也、ゆかな、近藤 隆、檜山 修之、関 智一、堀中 優希、他
---
■圧巻のオープニングムービー!
『追憶の楽園』編 : アニメーション制作「WIT STUDIO」×テーマソング「水樹奈々」
『星のカケラ』編 : アニメーション制作「WIT STUDIO」×テーマソング「Do As Infinity」
『光と闇の救世主』編 : アニメーション制作「WIT STUDIO」×テーマソング「CREAM」
『結晶の大地と導きの光』編:アニメーション制作「WIT STUDIO」×テーマソング「BONNIE PINK」
シリーズの枠を超えた、躍動感あふれるキャラクターたちの共演を見逃すな!!
---
■ボイス搭載!迫力とスリルのクロススライドバトル!!
AUTOモードと倍速モードを搭載し、より快適なプレイが可能になった!
爽快タップアクションと新感覚バトルシステムを融合させた、白熱のバトルクエストシステムを体感せよ!
---
■仲間との絆が力になる!共闘バトル!
ギルドやおすすめの仲間たちと一緒に参加するリアルタイム協力バトル「共闘バトル」も好評開催中!各々の共闘奥義や秘奥義を駆使し、強大なギガントモンスターに立ち向かえ!
---
【引き継ぎに関する注意事項】
異なるOS間で引継ぎを行った場合、未使用の星霊石(仮想通貨)は引き継ぐことができません。

【動作環境、その他お問い合わせ】
https://bnfaq.channel.or.jp/contact/faq_list/1401

※このアプリは、必ず上記リンク先に記載の動作環境でご利用ください。動作環境でご利用の場合も、お客様のご利用状況やご利用機種特有の要因により、本サービスが正常に動作しないことがあります。

【テイルズ オブ アスタリア公式サイト】
http://asteria.tales-ch.jp/

2015年4月1日より、社名が「株式会社バンダイナムコゲームス」から「株式会社バンダイナムコエンターテインメント」に変わりました。

Copyright
©いのまたむつみ
©藤島康介
©2014 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

スクリーンショット

日本のランキング推移