AppGraphy(アップグラフィー)

地震解析ラボ

開発: Earthquake Analysis Laboratory

  • 価格:0JPY
  • 2.5
  • バージョン:2.1.0
  • 2012-09-03リリース
このエントリーをはてなブックマークに追加
メールで送る

アプリ詳細

●地震解析ラボのご紹介

「地震解析ラボ」は7年目に入る実績を持つ、世界最初の実用短期地震予測情報です。
国立研究開発法人防災科学技術研究所が運用されている広帯域地震観測網F-netと、VLF/LF、ULF、GPS各電波データ、この二つの異なるカテゴリーのデータを併せ解析して地震予測をしている、世界唯一の地震予測情報です。
国連防災世界会議「The UNISDR Science and Technology Conference」に参加しています。

●「地震解析ラボ」と「短期地震予測」
「地震解析ラボ」では、地震情報で本当に必要とされている「いつ、どの辺りで、どのくらいの大きさの地震が起きるか」の問いに対し、発生予測の期間を数日間に絞り込み、地域も有る程度まで限定できるよう「実用的地震予測」をこころみております配信しております。


●アプリ提供の目的
日常の生活を脅かす大地震。
地震が発生したとき、被害を最小限におさえるには、一人ひとりがあわてずに適切な行動をすることが極めて重要です。そのためには、みなさんが地震について関心を持ち、 いざというときに落ちついて行動できるよう、日頃から地震の際の正しい心構えを身につけておくことが大切です。

私達は地震による被害を最小限に抑える、すわなち「減災」につながる事が重要であると考えています。減災につながる大きな手立てとして、地震がいつ、どこで、どれくらいの大きさで起きるかが予測できることは非常に大きな情報となります。

地震の認識を深め、災害に対する備えの充実強化を目的し観測設備の充実を整備し、観測及び検証が進むことで、予測精度をより高めて行くことが我々の使命です。

このアプリが大切な家族を守るための情報としてより有用で実用的なサービスとなっていくためにも日々研鑽してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------
■詳しい内容

●特徴
特徴1:カレンダー表記で、「いつ」がわかりやすい
特徴2:地図表記で、「どこで」がわかりやすい
特徴3:色別で「どれくらい」規模なのかわかりやすい

●無料で閲覧できる内容
予測される地震の規模を2段階表記しています。
・M5クラス
・それ以上の規模の地震

地震解析ラボでは、M5クラスの場合、M4.5〜6.0の間を示します。

次回更新までの間に、地図上のエリアを地震源とした地震が起きる可能性があることを表記しています。

●有料で閲覧できる内容
無料で掲載される情報の、さらに細かな詳細版となります。
予測期間及び地図上の表記と予測エリアをできる限り限定的にしています。規模に関しても同様に出来るだけ詳しく示しています。
また、このエリア、規模、期間に予測が出ている要素を説明する文章も掲載しています。

●なぜ予測情報に課金するのか
基地局の増設・維持には、コストがかかります。皆様のご支援によって、成り立つ予測情報システムです。ぜひとも、ご理解を賜ればと存じます。

本アプリにて販売した予測情報の利益は、以下の目的に使用されます。
1.観測点基地局の設置
観測点を増やしていくことで、予測情報の精度が上がります。
2.観測結果の分析作業および調査研究
分析手法の研究調査などをおこないます。
3.開発のコスト
本アプリのような情報発信の技術、分析のためのプログラム開発などが含まれます。
4.組織としての維持

スクリーンショット

日本のランキング推移

アメリカ合衆国のランキング推移

  • iPhoneランキング
  • iPadランキング

中国のランキング推移

  • iPhoneランキング
  • iPadランキング