AppGraphy(アップグラフィー)

Newton International Edition

開発: Newton Inc. Apps.

  • 価格:0JPY
  • 3.5
  • バージョン:3.0.18
  • 2012-05-16リリース
このエントリーをはてなブックマークに追加
メールで送る

アプリ詳細

******** 重要なお知らせ ********
アップデートを行うと,購入済の情報がリセットされる場合があります。その際は,お手数ですが「ライブラリ」画面右上の歯車マークをタップし,「すべての購入を復元する」を行ってください。
********************************

科学雑誌『Newton』のiPad版,月刊デジタルサイエンスマガジン『Newton International Edition』。2012年の創刊以来,多くのみなさまにご愛読いただいています。

『Newton International Edition』はKindle版Newtonとは異なり,iPadでより見やすく,わかりやすくなるようにと,独自の編集がなされた特別なNewtonです。毎月,宇宙天文・物理・地学・化学・生物・テクノロジーなど,さまざまな分野の最新科学を取り上げ,美しいイラストや写真を直感的に楽しむことができます。

-----
2017年8月号の特集1つめは,『宇宙人を科学する』 第2回「宇宙人はどれくらいいる?」です。
近年,太陽系の外にたくさんの惑星がみつかっています。中には,私たちの住む地球に似ていると考えられる惑星もみつかっており,しばしばニュースを目にすることもあるでしょう。宇宙には生命をはぐくむことができる惑星が数多くありそうです。それでは,私たち人類と同じような知的生命(宇宙人)も,たくさんいるのでしょうか? 遠い宇宙に地球外知的生命を探す試みは「SETI(セチ)」とよばれ,50年以上にもわたって行われています。しかし,いまだ発見には至っていません。彼らはこの宇宙にどれくらいいるのでしょうか?
-----
『相対性理論 再入門』の第3回は「タイムトラベルと双子のパラドックス」です。
相対性理論によると,動いている人の時間は,止まっている人の時間にくらべてゆっくりと進みます。宇宙船で地球を飛び立ち,高速移動して帰ってくれば,時間が地球よりもゆっくりと進んだ分,未来の地球へ行くことができそうです。一方,宇宙船から見れば,動いているのは地球であり,地球の時間のほうがゆっくり進むように思えます。これは矛盾ではないでしょうか? 時間と空間の伸び縮みを使ったタイムトラベルの可能性を検証していきましょう。
-----

他にも多くの記事を掲載しています。
◇Scientist『光通信を実現させた核心技術 中沢正隆 教授に聞く』
◇Topic『「むかわ竜」全貌公開+小林快次 准教授インタビュー』
◇Topic『きちんと知りたい ビタミンとミネラル』

など。

※紙版のNewtonとは別に,iPad向けに制作したものです。

--------
■購読方法
1号ごとの通常号の購入:500円(創刊号は無料)。
1年間定期購読(自動継続):3000円。

-自動継続は,購読期間終了の24時間以上前に自動更新設定をオフにすることで停止できます。
-購読期間中は,期間の変更やキャンセルはできません。

■記事の再ダウンロードについて
各号をiPadから削除しても,一度購入した号は,何度でも無料で再ダウンロードすることができます。

スクリーンショット

日本のランキング推移

韓国のランキング推移

  • iPhoneランキング
  • iPadランキング