AppGraphy(アップグラフィー)

iWriteMusic for iPad

開発: iWriteMusicProject

  • 価格:1200JPY
  • 3.5
  • バージョン:3.0.12
  • 2011-10-22リリース
このエントリーをはてなブックマークに追加
メールで送る

アプリ詳細

iWriteMusicを使うと、楽譜の作成が楽しく簡単にできます。

これまでに、「楽譜作成アプリは使いこなすのが一苦労」とか「作成に時間がかかりすぎる」という経験をされたことはありませんか?iWriteMusicは、2010年の製作開始以来こうした問題解消に挑んできたアプリで、以下の7つの特徴があります。

1. 極めてシンプルで、直感的にわかる、実用的なインターフェース
このアプリを理解するために、分厚いマニュアルを読んだり、幾つもの解説ビデオを見る必要はありません。楽譜作成アプリが初めての人でも、わずかの要領を理解するだけで、すぐに使いこなせるようになります。

2. 革新的なワンフリック入力で、より効率的に楽譜が作成できます。
楽譜作成アプリに慣れていて、もっと早く、効率的な入力方法をお探しの人は、このアプリ特有のワンフリック入力をお試しください。従来型の入力方法と併用することで、入力スピードが格段に早くなります。

従来型入力(Traditional Entry System)とは?
- 選択肢はツールボックス上に表示されます。
- アイテムと入力場所を別々に選びます。
- 楽譜作成アプリにあまり馴染みがない人にお薦めです。

ワンフリック入力(OneFlick Entry System)とは?
- 選択肢は画面をタッチした時に表示されます。
- 入力場所とアイテムを一度に選択します。(指を左右にスライドして、選択アイテムを変更します)
- 楽譜作成アプリを使用したことがあり、より早く効率的に入力したい人にお薦めです。

3. 楽譜が美しく仕上がります。
-プロが使えるクオリティです。
−豊富なページレイアウト調整機能を搭載。
−簡単にパート譜が作成できます。
-スコアとパートの管理が簡単です。
−AirPrint により直接プリンターへ送信可能です。

4. 豊富な記譜機能。
-マルチトラック
-4声までのマルチボイス
−パーカッション及びドラム譜
−コードシンボル入力
−歌詞入力
−曲中の拍子変更
−曲中の調性変更
−曲中の音部記号変更
−曲中のテンポ変更
-装飾音符
-アーティキュレーション記号
−強弱記号
−曲の転調
−部分転調
等、本格的な記譜に書かせないなツールを豊富に搭載しています。

5. 練習などにも便利なプレーバック機能
-ソロ、ミュート、ボイスの選択ができるミキサーを搭載。
-ループやスイングオプションをサポート。

6. データと楽譜の共有。
-iWriteMusic データの転送、読み込み。
-PDFとJPGへ変換及び転送。
-スタンダードMIDI への変換及び転送。

7. コンパクトサイズ(15MB)
なので、写真、ビデオや他のアプリの為のディスクスペースを犠牲にしません。

バージョン3.0 の新機能
-スライドオーバー(対応機種限定)
-スプリットビュー(対応機種限定)
-大画面に対応
-ナビゲーションデザインを一新
-ワンフリック入力に対応した内臓キーボード
-iCloud アクセス(new on Free Version)
-カスタマイズ可能なお気に入りツール
-機能を一新したワンフリック入力
-スコアとパート譜の簡単管理機能
-X/16 拍子記号
-64分音符

注意事項:
-デバイスの性能、トラック数、バックグランドアプリの数等により、楽曲の再生や描画能力に違いがあります。

カスタマーサポート:
- ご質問等は、電子メールにて、日本語でお尋ねください。

http://iWriteMusicApp.com

スクリーンショット

日本のランキング推移

アメリカ合衆国のランキング推移

  • iPhoneランキング
  • iPadランキング

イギリスのランキング推移

  • iPhoneランキング
  • iPadランキング

中国のランキング推移

  • iPhoneランキング
  • iPadランキング

インドネシアのランキング推移

  • iPhoneランキング
  • iPadランキング

韓国のランキング推移

  • iPhoneランキング
  • iPadランキング