AppGraphy(アップグラフィー)

肺の聴診トレーニング - 見える肺音

開発: LibroScience, Inc.

  • 価格:1400JPY
  • バージョン:1.0
  • 2016-01-08リリース
このエントリーをはてなブックマークに追加
メールで送る

アプリ詳細

●対象:肺の聴診に関わる全ての医療従事者(医学生、研修医、医師、看護師、理学療法士など)。
●79の肺音を収録。ナレーションによる解説付き。
●書籍「肺聴診エキスパート」のアプリ版です。
●肺音を聞きながら、肺音図(ソノグラム)上に音と同期した赤い線が動きます。視覚情報としても肺音を理解できます。耳で聴いて、目で見ることによって肺音に対する理解が飛躍的に高まります。
●詳細なテキスト解説が付いています。
●音の設定で、原音と聴診器で聴取した時の模擬音を切り替えることができます。
●時間軸波形とパワースペクトル画像を見ることができます。
●【収録した呼吸音・肺音の詳細】カッコ内の数字は音源数。
 1.正常呼吸音(8)
 【内容】気管呼吸音、気管支呼吸音、肺胞呼吸音、肺胞呼吸音(乳児、幼児)
 2.異常呼吸音(4)
 【内容】肺野呼吸音の高調化、減弱と増強
 3.副雑音(10)
 【内容】ファイン・クラックル、コース・クラックル、ウィーズ、ロンカイ、スクウォーク、ラットル、胸膜摩擦音、ハマンズ・サイン
 4.疾患編(5)
 【内容】COPD(4症例)、間質性肺炎(5症例。NSIP、CPFE、IPF、石綿肺)、慢性過敏性肺臓炎)、拘束性胸郭疾患(結核後遺症)、急性気管支炎、肺炎(4症例、急性期)、回復期、治癒期)、気管支拡張症(4症例)、びまん性汎細気管支炎(DPB)、理学療法前後の聴診所見(4症例)、気道誘発試験、気管支喘息(4症例)、小児の肺炎(3症例)、小児のウイルス性細気管支炎(2症例)、クループ症候群、声帯機能異常、腫瘍による気管狭窄、人工呼吸中の聴診

スクリーンショット

日本のランキング推移